トップページ » 2016年2月

今年の農薬価格は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前年と大きくは変わっていませんが、BT剤全般が30%くらい安くなっております。

また、ハーベストオイルなどの機械油乳剤は10%くらい値下がりしております。

◎その他、デルカット乳剤は不足気味であるとの噂があります。

 必要な方はお早目にお求めいただいた方が良いと思います。

 弊社には、1.5L入りの在庫が、まだ若干残っております。

 また、田植え前に使用するエリジャン乳剤は、昨年までで500ccのボトル入りの製造が

 終わり、今年から、300ccの製品のみの出荷となります。 登録も10アール当たり300ccの散布での

 登録となりました。  

 エリジャン乳剤の500ccは、まだ80本ほどの在庫が有りますので、ご入用の方は農薬通販JPまで

 ご用命ください。

 300cc入りのエリジャン乳剤につきましては、メーカーが製造しておりますのでいつでも

 ご用命ください。 お待ち申しております。

 宜しくお願い申し上げます。

                                                農薬通販JP
                                                 鳥羽 和興

 

by   at 13:36  | Permalink

現在は、種籾の販売の動きが・・・・・・・・・・・・・・・・

活発です。

静岡県内はお茶の市況が悪く、これに関わる肥料・農薬の使用が減少しています。

野菜も昨年秋から1月中旬までは雨が多く、暖冬で野菜の生育が進んだため年末の野菜は安く推

移しました。その後、品不足のため、野菜全般に高くなっております。  
                                                              みかんは雨が多かったため、浮皮の問題や、保存中の腐敗の問題も多く、あまり

良い年では有りませんでした。

稲作については、品不足気味で26年産米よりも高くなり、政府による飼料米の補助金の

支出が多いため、食用のお米は今年秋の分が不足気味に推移するのではないかと思われます。
従って、今年の収穫分のお米は皆さんも是非力を入れて生産をしていただくようお願い申し上げ

ます。  きっとお米の相場が高くなるのではないかと思います。(保証はできませんが。)

◎3月からは種籾消毒、苗の育成、4月からは田植えなど例年通りの忙しい日々になると

 思われます。  

 本年度も宜しくお願い申し上げます。

                                           農薬通販JP
                                             鳥羽 和興                                 

by   at 14:00  | Permalink

メールでのお問い合わせについてご紹介します。・・・・・・・・・・・

(お問い合わせ内容)
サフオイルに混用する展着剤について・・・・・・・どのような展着剤の加用がよろしいでしょうか。具体的に展着剤の商品名を教えて
下さい。


(お答え)


メーカーに確認しましたが、サフオイル乳剤に加用する展着剤は、アプローチBIが
良いそうです。

また、ブレイクスルー、まくぴか等シリコーン系展着剤を加用すると逆に防除効果が
落ちてしまうそうですので、ご注意下さい。

                                             農薬通販JP
                                               鳥羽 和興

by   at 10:40  | Permalink

今日は、私がびっくりしたニュースを・・・・・・・・・・・・

ご連絡します。

中国の中国化工集団という会社が、世界の大手農薬会社のシンジェンタ(スイス)を買収すると

発表したとのこと。   買収価格は5兆1600億円と、中国の買収企業でも過去最大規模である。

◎もうひとつの大きな出来事は、今年中に米国のダウケミカルとデュポン社が合併する見込み

 であるとのこと。

上記の企業の買収、合併の原因は、米国のシェールオイルの生産の増加により、世界の

原油価格が値下がりし、植物オイルの燃料への利用(バイオエタノール)が価格的に対応急激に

中止となり、このための遺伝子組み換え種子を開発投資していた企業や原油開発投資していた

化学会社のダメージがかなり出ているためだと思われます。

今後の流通がどうなるかは、我々農薬卸会社も仕入れ元の会社の再編により、大きな影響が

出てくるのではないかと心配されます。

 ◎アベノミクスでの日本の景気の大きな好転がみられない中、日本の政府がこのような大きな商談を取り込んで、日本企業の数社により買収という方向にもっていけば、日本のGDPを引き上げることが可能になるのではないかと思います。日本の企業は、敗戦後、GHQにより大企業が分社を余儀なくされ、企業規模が縮小されたままで、中国のような世界を見据えた大きな取り組みを構想することができないのかと残念に思います。                                                                          農薬通販JP
                                                 鳥羽 和興

by   at 11:40  | Permalink

先週月曜日は全国的に寒くなり・・・・・・・・・・・・・・

大雪も降ったので、かなりの雪害も出ているようです。  

お元気ですか?      ここ2週間ほどはかなり低温に推移しているため、野菜の出荷量も

少なくなり、価格が高騰しています。  昨年11月、12月の高温、多雨により、野菜の生育

が進みすぎて、その反動がきているのではないかと思われます。

◎2月の静岡県病害虫予察情報を見ますと、発生の並~多の病害虫が多いようです。

以下に揚げておきます。

◎イチゴ     うどんこ病・・・・・・・・・・・・・・・・・・並~多
           灰色かび病・・・・・・・・・・・・・・・・やや多
           アブラムシ類・・・・・・・・・・・・・・・やや多
           ハダニ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・多

 トマト      灰色かび病・・・・・・・・・・・・・・・・多
          疫病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やや多
          黄化葉巻病・・・・・・・・・・・・・・・・多
          (タバココナジラミ)・・・・・・・・・・多(感染源の虫)

 タマネギ   腐敗病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・並
          灰色腐敗病・・・・・・・・・・・・・・・やや多
          
 レタス     べと病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多
          腐敗病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多
          斑点細菌病・・・・・・・・・・・・・・・多

 以上が静岡県において注意が必要な発生が多くなると予想される病害虫です。
 中でも、レタスの病害については特別注意が必要であるとの情報が出されています。

  寒い中で大変ですが、上記の状況に注意して栽培をしていただきますようお願い
  申し上げます。

                                                 農薬通販JP
                                                   鳥羽 和興
                  
          

by   at 18:00  | Permalink
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30