トップページ » 2015年10月

10月末になって、11月の病害虫予察情報が・・・・・・・・・・・

届きました。

<ネギ>    さび病・・・・・・・発生量・・・・・・多
          ネギハモグリバエ・・・・・・・・・やや多
<キャベツ> 黒腐病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多
          菌核病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やや多
<ダイコン> 白さび病・・・・・・・・・・・・・・・・・・並
          アブラムシ類・・・・・・・・・・・・・・並
<レタス>   斑点細菌病・・・・・・・・・・・・・・やや多
          べと病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・並
          ハスモンヨトウ・・・・・・・・・・・・・やや多 
<イチゴ>   炭そ病・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多
          ハダニ類・・・・・・・・・・・・・・・・・やや多
<トマト>    葉かび病・すすかび病・・・・・・多
<キク>    黒斑病・褐斑病・・・・・・・・・・・・多

上記にあげた作物の、他の病害虫はやや少か少の予報になっています。

9月中の長雨の影響があり、虫よりも病害が多くなる予報となっています。

                                                  農薬通販JP
                                                   鳥羽 和興
         

by   at 09:09  | Permalink

OATアグリオのサフオイルが、メーカー品切れと・・・・・・・・・・・・・

なりました。  最近、結構順調に出荷されていたのに、大変残念です。

サフオイルは、サフラワー油と綿実油の調合油・・・・97%・・・・・・・で、野菜類のハダニ類、

チャノホコリダニ、コナジラミ類などの防除に、300倍液を10アールあたり100から500L散布します。

収穫前日まで使用できます。

物理的に作用して虫を防除するため、害虫の薬剤抵抗性が発達する恐れがありません。

既存の薬剤に対して抵抗性のついてしまったハダニ類やコナジラミ類にも効果を発揮します。

殺卵活性も認められます。

天敵や有用昆虫に対する影響が少なく、IPM(総合的病害虫管理)に適しています。

有効成分は、食用油なので安全性が高いです。

◎注意事項としては、害虫の発生初期に散布する。

  葉の表裏にむらなく、たっぷり散布する。

  残効性が短いので、害虫の発生量が多い場合、及び周辺圃場からの飛び込みが

  多い場合は数日(3~7日)間隔で2回、連続散布してください。

  秋作のトマトや栽培が始まる、いちごなどでの需要が高まることも考えられますので、

  使用されたい方は早めにお手配されますよう、お願い申し上げます。

                                                農薬通販JP
                                                 鳥羽 和興

 ◎ちなみに、現在の弊社の在庫は1Lが1本だけです。 品切れ御免でお願いします。

by   at 09:28  | Permalink

10月になってからは、気象の乱れは・・・・・・・・・・・・

あまり無く、東海地方は好天が続いています。

農薬の12月の新年度価格は機械油剤の値下がりは噂されていますが、その他の商品について

は、今のところ、大きな値下がり、値上がりの情報は有りません。

◎ところで、先日、「小説上杉鷹山」という本、上巻、下巻を読みましたが、17歳の若さで、米沢藩主 となった鷹山が、当時大赤字の上杉、米沢藩を愛と知略をもって見事に立ち直らせ、武士だけでなく、町民や農家、女性や子供まで分けへだてなく教育するための学校を藩民の寄付金を
つのって建設したことは、大変立派であったと感心しました。
また、垣根にはウコギを植えさせ、武家、町民、農家を含めて桑を植えさせ、蚕産を振興し、絹織物を生産して江戸などに販売。
各家庭の庭には錦鯉を生産し、江戸へ売り込んだり、藍の生産をさせ、藍染職人を呼んで産業化をはかり、コウゾを生産させ紙を生産して販売をすすめたり、紅花を生産させて口紅の原料として売り込ませたりして、現金収入を増やさせたり、灌漑用水の引き込み工事を進め、荒地に
水田の開墾を武士自ら行わせたりと、農家のみでなく、藩民総出で働かせたことで豊かに
なっていったということです。
鷹山が37歳の頃、今から251年前には天明の大飢饉が東北を襲いましたが、県外から
食料を求めてやってくる難民には拒むことなく対処をしたそうです。
この結果、米沢藩からは一人の餓死者も出さずに乗り切ったとのことで、感動しました。
江戸時代は飢饉が多く訪れ、天明、天保、享保、寛永が有名ですがその他にももう少し
軽い飢饉を含めると6回もあったそうです。
明治以降は大きな飢饉は起きていませんが、昭和39年や平成5年のような不作の年も
有るわけですから、油断はできませんね。
明治になってから、内村鑑三が上杉鷹山の伝記を英訳し、世界に広めた。
その後、アメリカでケネディが大統領になったときに、日本の記者がケネディに知っている
日本人について質問したところ、「上杉鷹山」と答えたため、日本人記者はこの名前を知らず、
大いに話題になったということです。

                                               農薬通販JP
                                                 鳥羽 和興

by   at 16:32  | Permalink

天敵殺虫剤「スパイカルEX」が9月30日付けで・・・・・・・・・・・・

適用拡大され、野菜類、豆類(種実)、いも類の使用が施設栽培に限られていたものが、

施設栽培以外の露地栽培での使用が認可され、施設栽培(ビニールハウス栽培等。)以外の

場面での使用登録が認可されたとのことです。

ただし、風雨の影響や害虫の密度などにより、効果がふれることがありますので、

注意しながら、使用しましょう。

◎登録内容、使用上のご注意については農薬通販JPの「スパイカルEX」の部分を
 クリックしていただくと、メーカーのホームページにつながりますので、これをよく読んで、
 お分かりにならない部分やご質問についてもメーカーの技術者にお確かめの上、
 ご使用ください。

                                                  農薬通販JP
                                                   鳥羽 和興


by   at 15:10  | Permalink
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30