トップページ »  » 原油価格が・・・・・・・・・・・・

原油価格が・・・・・・・・・・・・

値上がりしています。

原油価格は変動が激しく推移しています。20年以上前までは1バレル当たり(約160リットル)12~13ドルだったものが、1998年に14.35ドル、2008年に100ドルまで
暴騰した。 その8年後2016年には43.19ドル(シェールオイルの開発により値下がり。)
2018年9月現在は69.13ドルと結構大幅に上昇してきている。
これは、60%の上昇である。

昨年3月時点では、49.58ドルであった原油が今年3月時点では62.76ドルと26.6%の
値上がりでもある。

こうした原油の値上がりは、輸送業界、繊維、プラスチック業界やあらゆる産業に
インフレ圧力がかかってくる。 
農薬業界にはどの様な影響があるか?  機会油乳剤(ハーベストオイル、トモノールなど。)、展着剤、乳剤などの値上がりとして、すぐに影響する。
肥料業界では窒素肥料が原油の値上がりの影響を直接うける。海外からの輸入品のリン酸、カリ肥料も輸送費用の影響をうけて値上がりする。

という訳で、とりあえず一番値上がりしやすいのは、ハーベストオイル、トモノール
などのオイル製品であります。

値上がり時期は12月からですが、手当てはお早めにお願いします。

                              農薬通販JP
                               鳥羽 和興

by   at 11:55